お酢とダイエット

冬太りを解消! あったかお酢ドリンクで体温も代謝もアップ!

ニュージーランドの大自然の中で、2人の子育て真っ最中のママライターYangです。

寒い季節、冷えに悩む女性は少なくありません。冷えは、身体の不調につながるだけでなく、ダイエットにとっても大敵です。
あったかお酢ドリンクは、冬太りを解消し、温活もダイエットも一度にできる、一石二鳥の飲み物なのです。

お酢とダイエットの関係

お酢

お酢には、食後の血糖値の急な上昇を防ぎ、余分な脂肪を体内に溜め込みにくくする働きがあります。
また、お酢の成分であるアミノ酸には、食事などで摂取したエネルギーの代謝を活発にし、余分なカロリーの吸収を抑える働きもあります。
ダイエット中に陥りやすいカルシウム不足も、お酢を摂ることでカルシウムの吸収効率を上げることができます。

また、お酢は、多くの女性が悩む便秘にも効果的。腸のぜんどう運動を活発にし、排便をスムーズにしてくれるほか、体の中の老廃物を尿として外に排出して、むくみを解消する効果もあります。

お酢を温めて飲むとこんなにうれしい効果が

足の冷え

実は、東洋医学では、お酢は体を冷やす「陰」の食べ物に分類されるため、冷え性の人には良くないとされることもあります。
しかし、摂り方を工夫すれば、冷え性改善に効果大なんです。そこでおすすめなのが、お酢を温めて飲むという方法。

お酢には、血液の流れをよくする効果があり、サラサラになった血液は、体中の毛細血管までいきわたります。隅々まで血流が良くなることで、内側から体がポカポカ温まるのです。お酢を温めることで、その効果が十分に発揮されます。
体温が上がり、代謝の良くなった体は、カロリーをどんどん消費して痩せやすい体になるという事なのです。

あったかお酢ドリンクの作り方と飲み方のポイント

あったかお酢ドリンク

<作り方>

材料 お酢 大さじ1~2杯
蜂蜜 お好みの量
お湯 100ml

全ての材料をカップに入れ、よくかき混ぜて出来上がりです。
お酢は、リンゴ酢などの果実酢、黒酢、穀物酢など、好みのお酢で作りましょう。お湯は、熱湯ではなく少し冷ました70度位のものを使います。
酸味が気になって飲みにくい場合は、蜂蜜やお湯の量を調節してください。

<飲み方のポイント>

あったかお酢ドリンクは、お風呂上りなど、体が温まっている時に飲むのがベスト。温かい体は、新陳代謝が活発になっている状態。お酢ドリンクを飲むことで、さらに代謝をアップさせることができます。
一日に必要なお酢の摂取量は、大さじ1~2杯程度です。飲みすぎは胃腸を痛めることがあるので、注意しましょう。

一日一杯飲むだけと、とても簡単でダイエット効果の高い、あったかお酢ドリンク。体の内側から働きかけるものなので、結果を焦らず、長く続けていくことで効果があります。ダイエットだけでなく、毎日の美容と健康維持のためにも、早速今日から始めてみませんか。

お酢を使った酢タマネギもおすすめです!こちらの記事も参考にしてみてください。

↓    ↓    ↓

酢タマネギで夏の疲れを乗り切る! ダイエットにもおすすめ

関連タグ

お酢とダイエット

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ピックアップ記事

search