イースター

イースターとは?親子で祝うイースターの楽しみ方

ニュージーランドの大自然の中で二人の子育て真っ最中のママライターYangです。

ハロウィンなどの海外のイベントが日本でもお祝いされるようになり、身近なものに感じるようになりました。
ハロウィンほどではありませんが、イースターも少しずつ浸透してきていますね。イースターといえばキリスト教の祝日です。春の訪れを喜ぶ気持ちで一緒にお祝いしてみませんか。

ところでイースターって何のこと?

イースター

イースターとはイエス・キリストの復活を祝う、キリスト教では最も重要な日です。日本語では「復活祭」と言います。

イースターについて諸説あるなかで最も広く知られているのは、イエス・キリストは金曜日に十字架の上で処刑され、その後3日目によみがえったという説です。
クリスマスより大切な日とされていて、キリスト教圏国ではイースターの金曜日から翌週月曜日までの4日間仕事や学校がお休みになります。

イースターの日付は毎年変わります。というのも、イースターは「春分の日が過ぎて最初の満月の後の最初の日曜日」という計算がされるからです。ちょっとややこしく聞こえますね。

イースターといえばカラフルな卵にかわいいウサギを思い浮かべますね。
卵は「イースターエッグ」と呼ばれ、生命や復活のシンボルとされています。
ウサギは「イースターバニー」といい、イースターエッグを運んでくる役目をしています。クリスマスでいうところのサンタクロースでしょうか。
また、ウサギは子供をたくさん産むことから繁栄の象徴とされています。

日本では一種の賑やかしのイベントという感覚がありますが、いわれを調べてみると興味深く感じますね。

子供と楽しむイースターのおもしろゲーム

海外ではイースター休暇中は家族と過ごす時間で、ご馳走をたくさん用意して大勢でお祝いします。
日本の春といえばお花見や行楽ですが、今年はイースターパーティーもいいですね。
子供たちにはイースターエッグを使った楽しい遊びがあるんですよ。ルールもとても簡単で小さい子供でも楽しめるので、お友達を集めてぜひやってみましょう!

イースター

エッグハント

色とりどりにデコレーションしたイースターエッグを庭のいろんなところにかくしておき、子供たちが探すゲームです。見つけた子供は大喜び!まるで宝探しのようですね。
卵型のチョコレートやお菓子などをかくしておくと子供たちも一層盛り上がりそう。
お庭がなければ家の中でも十分楽しめるゲームです。

エッグレース

イースターエッグをスプーンにのせて落とさないようにうまくバランスを取りながらゴールまで走ります。最初にゴールできた人の勝ち!
小さな子はスプーンの代わりにお玉でやると上手にゴールできそうですね。

エッグロール

イースターエッグを大きなスプーンで転がして、割らないようにゴールを目指すゲームです。
卵はその形状からまっすぐには進みません。予想外の方向へ転がっていくのがハラハラドキドキでとっても盛り上がりますよ!

カラフル可愛いイースターエッグ作りに挑戦

街を歩けばイースターの飾りつけを目にするようになる春。カラフルでキュートな卵たちはイースターの主役です。お家でも簡単に手作りできるので、子供たちと一緒に作ってみましょう。

イースター

用意するもの

・卵 お好きな数
・フードカラー 適量
・ぬるま湯 適量
・お酢 ぬるま湯100ccに対し大さじ半分

作り方

①卵を固ゆでにし、冷ましてから水分を良くふき取ります。

②卵が被るくらいのぬるま湯にフードカラーを適量入れ、発色をよくするためにお酢を入れます。

③卵を浸けます。数分~色がつくので、様子を見ながら好みの色になったら取り出して乾かします。

卵をお湯につける前にクレヨンで好きな絵柄を書いておくと、クレヨンが水をはじき絵柄が残って仕上がります。白いクレヨンを使うと書いたものが浮き出てきて子供たちも喜びます。秘密のメッセージを書いておくのも楽しいですね!

キレイに色づけした後はシールを貼ったり、折り紙や毛糸を貼りつけたり、ラメを付けたり、顔や文字を書いたりとアレンジは無限です。いろんなアイデアで楽しくデコレーションしましょう。

ゆで卵で作ったイースターエッグは日持ちしませんので、楽しく遊んだあとはみんなでおいしくいただきましょうね。

近年はテーマパークなど各地でイースターのイベントが行われたり、イースターの期間限定商品が発売されたり、デパートでも催しものが開催されたりと、イースターもだんだんと知名度を上げてきています。
春のウキウキする季節にみんなで盛り上がれるイベントはいくつあってもうれしいものですね!
ご紹介したゲームやイースターエッグ作りは子供だけでなく大人も楽しめるものなので、家族とお友達と、ぜひ試してみてくださいね。

⇒お仕事で忙しいママにもできる!クリスマスの盛り上げ方

関連タグ

イースター

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ピックアップ記事

search