妊婦さんは生まれてくる赤ちゃんのために保険に入ろう

妊娠中でも入れる!おすすめの保険~コープ共済 女性コース編~

監修:那口絵理

妊娠すると赤ちゃんを迎える準備や、新生活の環境を整えることなどばかりを考えてしまうものですが、ママ自身のことを考えるちょうどよい時期でもあります。

出産すると本当に慌ただしく、なかなかゆっくり自分のこと、特に保障のことなどを考える機会は少なくなりがちです。だからこそ、妊娠中の今、保険について考えてはいかがでしょうか。

今回は、妊娠中でも条件を満たせば加入して出産の不安を解消できる、コープ共済女性コースのご紹介です。

この保障は、女性がかかりやすい病気をしっかり保障しているので、多くの女性に支持されています。いつも家族のことばかり願うママですが、妊娠、出産時はリスクもゼロではありません。

保険に入っておけば、もし手術が必要になっても、経済的な心配は少なくなります。これからずっと家族を支えるママだからこそ、万が一にも備えておすすめしたい保険です。

5.2人に1人は帝王切開

妊娠中は、ママになる喜びがある一方で不安もかかえながら、人生の中でも特別な時間を過ごしているのではないでしょうか。

厚生労働省によるとこの20年で帝王切開による出産は約2倍に増えています。2011年の1年間の分娩件数は合計86,695件。そのうち16,662件は帝王切開による出産でした。

*厚生労働省「平成23年医療施設(静態・動態)調査・病院報告の概況」

出産時の費用を考えたとき、正常分娩時は約50万円前後。帝王切開時には、約20万円プラスの約70万円の高額な費用が発生します。

もしも帝王切開になったとき、頼りになるのが女性の疾病を手厚く保障する保険です。コープ共済の女性コースの保障は「帝王切開による出産」も保障内容に含んでいます。
保育器の中にいる赤ちゃんを守る保険

妊娠中でも入れるコープ共済の女性コースとは?

コープ共済(女性コース)の保障は、手術だけでなく妊娠期から分娩に至るまでの異常に対する治療や分娩に起因する病気の治療を含んでおり、帝王切開も対象になります。*

魅力的なのは、多くの医療保険が妊娠中の加入がNGの中、妊娠中でも一定の条件を満たせば加入できる点です。
*2015年9月現在

コープ共済 女性コースの代表的な加入条件

・加入できるのは、満18~満64才の女性です。
・お申し込み時には健康上の質問への回答が必要です。
・申し込み以前の5年間に帝王切開をされた方は、条件付き加入制度で申し込みが可能です。
・妊娠に関する健康保険適用の診察や治療、薬の処方などを受けている方のお申し込みはできません。

*正常分娩の場合は共済金のお支払いはできないなど、細かい決まりごとがあります。その他にも気になることがあれば窓口までお問い合わせの上ご確認ください。

コープ共済 女性コースで支払い件数が多い病気の一例をご紹介しましょう。

1. 異常妊娠・異常分娩(妊娠高血圧症、出産後の出血など)
2. 切迫早産
3. 女性生殖器の非炎症性障害(子宮頸部異形成、女性性器のポリープなど)
4. 帝王切開

あくまでも事例によるデータですので実際には状況や症状に個人差があります。保障が適用されるかは、共済金請求書の提出後に判断されることになります。

帝王切開のほかにも、妊娠中の切迫早産や異常分娩、出産時の合併症などでの入院など、広い範囲での保障内容が設定されているためママのサポートにも心強いですね。

加入者の中でも思いがけない吸引分娩となったものの、コープ共済に加入していたので出産時の負担も小さくなったという方もいらっしゃいます。

ママが保険に入って守る生まれたばかりの赤ちゃん

妊娠したなら入りたいおすすめの保険として、今回はコープ共済(女性コース)をご紹介しました。多くの組合員がいるコープ共済だから少ない掛け金でも手厚い保障内容でサポートしてくれるので安心です。

妊婦さんだけではなく、産後ママも不安から守ってくれる保障があるのはうれしいですね。妊娠は病気ではありません、と聞くことがありますが、そうでしょうか。
女性の人生の中でもかなり大きなイベントです。ささいな不調も大きな不安になりがちなのが妊娠中の女性たち。だからこそ安心して過ごしたいものです。病気ではなくともとても大切な時期なのです。

いつも以上にママも自分のことに目を向けておなかの中ではぐくまれている新しい命のためにも自分を思い切り大切にしてもいいのではないでしょうか。
コープ共済の女性コースに加入して、妊娠期間をぜひ安心して過ごしてください。

保険加入についてはこちらも参考にしてみてください。

↓     ↓     ↓
 

妊娠・出産の保障について考える!

baby_トップ画像

那口絵理

監修:那口絵理2017ミス・ユニバース・ジャパン講師

1980年東京都生まれ。10代の頃、モデルやアーティストとしてショービジネスで活動。その後トータルケアを実現するエステティシャンへ転身。産後ママのためのダイエット&キレイなスタイル作りのお手伝いを行う美容トレーナーとして活動中。2010年に第一子を出産。2011年に第二子を出産。2016、2017ミス・ユニバース・ジャパン講師

詳しいプロフィールを見る

関連タグ

妊婦さんは生まれてくる赤ちゃんのために保険に入ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ピックアップ記事

search