雪の中の家

冬の寒さもへっちゃら!カナダ人親子のファッション

カナダ在住のソライロタラコです。皆さんはカナダといえば何を想像されますか?メープルシロップにサーモン、それからスキーなどのウインタースポーツなどではないでしょうか?アメリカ大陸の北のほうに位置するカナダ。1年の半分くらいは長くて寒い冬なのです。そこで今回は、そんな辛い冬の寒さもへっちゃらな、カナダ人の親子ファッションをご紹介いたします。

多文化異文化モザイク国カナダ

カナダ人ファミリー

まず、ご紹介するのはファッション関係の仕事をされているお母さんと、自身でファッション小物のデザインも手がけるお父さん、そして現在小学校に通う息子さんの3人家族。お父さんの被っている帽子も彼のデザインだそうです。ここカナダでも、大人は落ち着いた色のアウターを好んで選びますが、子供は明るい色のものを着用することが多い様に思います。寒くて暗い冬が長いので、明るい色で車などから身を守るためと、気分が少しでも明るくなる様になのかもしれません。

ハグするカナダ人親子

やっぱりカワイイ耳付きフード

子どもを抱っこしたママ

次はヨガの先生をされているお母さんと息子さん。足元はこちらでも定番のUGGで暖かに。なんといっても、お子さんが被っているやっぱりカワイイ耳付きのフードに目がいきます。

耳付きフードを着た子供

カナダ発、カナダにこだわった手袋

mimiTENS

最後にご紹介するのは、メイドインカナダにこだわったこんなカワイイ手袋。開発したのは自身も2人のお子さんを持つママさん。ハリウッドスターのグィネスパルトローもお子さんが小さい時は愛用していたことから火がつき、今ではおしゃれ親子の定番になりつつあるミミテンズ(mimiTENS)。

長めの靴下のような素材で肘あたりまで着用することで、すぐに取れてしまう子供のミトンをなくさない工夫がされています。
デザインも色もたくさんの種類があり、中にはゴジラや忍者などの日本びいきの面も垣間見え楽しいミトンです。

最近では赤ちゃん用のブーティーなどのファッション小物もあり、プレゼントなどにも重宝しそうですね。

スリングで抱っこするママ

暗くて長い冬を快適にそして楽しく過ごせるように、冬物のアウターはパートナーとして大活躍です。まだまだ肌寒い季節、暖かいコートとブーツ、そしてかわいいミトンで、カナダの親子のように快適に過ごしてみてはいかがですか?

関連タグ

雪の中の家

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ピックアップ記事

search