子どもを抱くワーキングママ

参考にしたい!海外のおしゃれなワーキングママのシンプルファッション

最近は日本でも普通になったワーキングママ。私の住むカナダでもママのほとんどが働くママさんです。
育児をしながら働くのは大変ですが、そんな時でも忘れたくないのがファッションを気遣う心。

今回は、身近なおしゃれワーキングママさんたちに話を聞いてみました。

 自身のブランドを持つジュエリーデザイナー

リンダさん

 数年前にパートナーと共に自分のブランドを立ち上げた、ジュエリーデザイナーのリンダさん。

実は大変面白い経歴の持ち主で、前職はなんとプロのバスケットボールプレーヤー。イタリアをはじめ、フランスやアイルランドで活躍されていたんだそうです。

この日身につけているジュエリーも自身の作品で、今はデザイナーをしながら3歳の男の子のお母さんでもあります。
カジュアルなTシャツ姿で、仕事もしやすく子育てもしやすい、そんな着こなしがリンダさんのワークスタイルです。

 オーガニック素材にこだわったジーンズのバイヤー

タミーさん

 中国系カナダ人のタミーさんは、オーガニック素材のジーンズ会社のバイヤーさんです。

元々は年の半分以上は海外を飛び回っていた売れっ子バイヤーさんでしたが、子供を出産後、オフィスでの勤務に転属したそうです。

彼女の会社のジーンズは、素材を日本から輸入しているものもあるらしく、彼女自身も大の親日家。日本の流行りモノなどにも敏感だそうです。
この日はシンプルなグレーのVネックシャツに履きやすそうなパンツ。シンプルですが働きやすそうなスタイルですね。

 スーツは勝負服!?

一般的にカナダでは、しっかりスーツを着ているビジネスマンに遭遇するのは珍しいです。弁護士などのお堅い職業でも、大事なミーティングなどがない限り、カジュアルなワイシャツにパンツ姿でさっそうと仕事をする姿が目立ちます。

スーツは、ここぞ!という時の勝負服のような役割なのかもしれません。

スーツの女性

 働くママだからこそ、毎日の格好にこだわりを持ちたいですね。自分の個性にあった働きやすい格好で、毎日を楽しく過ごしてください。

関連タグ

子どもを抱くワーキングママ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ピックアップ記事

search