産後の補正下着と骨盤ベルトの選び方。産後3ヶ月で骨盤を整えよう!

監修:那口絵理

産後3ヶ月がシェイプアップのベストタイミングです。出産後は赤ちゃんのお世話でとてもあわただしい毎日になります。ベストタイミングを逃さないためにも、妊娠中から準備を始めて、入院セットの中に産後用下着も入れておきましょう。

私自身は帝王切開で出産をしました。きっと、産後に使う下着は自然分娩とそんなに大差はないと思いますので、私が使っていたアイテムと使い始めたタイミングをご紹介します。

underwear_sango3

産後直後は骨盤を元の位置に戻します

出産直後、体調が戻っていたら早速、産後用サポーター、産後用ショーツと妊娠中から使っていたブラジャーをつけました。

<産後直後>

・妊娠中から使っていたブラジャー
・産後用サポーター(妊娠中から継続使用)
・産後用ショーツ

サポーターの中には色々な種類がありますが、ここでは産後すぐからつけられるサポーターを選んでください。直後からつけられる産後サポーターは緩んだ骨盤を元の位置に戻すサポートをしてくれ、下腹部の余分なお肉を逃がさずつつみ、きれいなボディラインに整えてくれる二つの機能を備えています。私は妊娠中に使っていたサポーターを継続して使っていました。

underwear_sango5

サポーター

ブラジャーは妊娠中につけていた、産後も使用可能なものをそのまま使ってもいいと思います。授乳中は胸の大きさが変化するのを優しくサポートしたり、授乳しやすい(着脱しやすい)形状のものにすると、頻繁に授乳する際のストレス軽減になります。

少しづつシェイプアップ効果の高いアイテムを身につけます

<産後約1週間後>

退院後(産後約1週間後)は骨盤ベルトと脚のサポーターを使いました。

・妊娠中から使っていたブラジャー
・産後用サポーター(妊娠中から継続使用)
・骨盤ベルト
・産後用ショーツ
・脚サポーター

産後は骨盤が緩んだ状態です。骨盤を元の位置に戻すために必要なのが、骨盤ベルトです。骨盤ベルトは正しく装着すると産後の骨盤を早く戻すので、ウエストの引き締め、O脚改善に効果があります。正しく装着しないと逆効果なので、装着方法を必ず確認してください。骨盤ベルトは産後から最低でも1ヶ月間は、日常生活する間毎日着け続けてください。夜の着用は骨盤ベルトの種類にもよるので、その商品の説明書を必ず確認してください。

underwear_sango6

骨盤ベルト

骨盤ベルトをつける際は、つける位置と締める強さが重要になってきます。正しくつけるためにもまずは、自分の骨盤の位置を確認しましょう。締める強さは装着後、恥骨のあたりに手のひらが入る程度の余裕をもつくらいです。間違った位置につけると逆に骨盤の開きを大きくしてしまったり、締め付け過ぎると血流の流れが滞り、むくみにつながったりもしますので、正しくつけるようにしてください。

もも上までの脚サポーターは妊娠前から使っていたものです。脚を温める効果のある遠赤外線脚サポーターでスリミング効果が高く、むくみ予防と改善にとても効果的です。今も継続して使っている愛用品なんです。

supporter3

脚サポーター

補正下着を身につけ徹底的にボディラインを整えます

underwear_sango4

産後約3週間後からは産後用ショーツ、妊娠中から使っていたブラジャー、脚サポーター、ニッパー、産後用サポーター(スリミング効果)を使いました。

<産後約3週間後>

・妊娠中から使っていたブラジャー
・ニッパー
・産後用サポーター
・産後用ショーツ
・脚サポーター
・補正下着(ボディシェイパー・ニッパー・ガードル)

このタイミングから使い始めるニッパーや産後用サポーターは補正下着の一種になります。サイズの合わないものや体を締め付け過ぎてしまうものを使うと、かえってむくんでしまいます。お店まで足を運んで売り場で素材や機能を確認し、その時の自分の体に合ったものを使いましょう。

underwear_sango2

使い始めるタイミングは体を慣らす意味で、少しずつ長くしていきましょう。基本的に使用していたのは、補正下着3セットです。こちらは日中から夕方くらいまで利用することができます。ニッパーは特にボディラインを整える力が強いので、長時間つけるのは苦しいと思います。私は子育ての合間のリラックス時間に1時間程度使っていました。毎日数時間でも効果はあると思います。

ここで使うサポーターは、産後直前につけるサポーターと違い、遠赤外線の繊維を使い保温性高く、スリミング効果が高いサポーターです。寝ているときも使えることができます。脚サポーターと一緒に今も継続してボディラインをキープするために使っています。

産後3ヶ月間が、体型戻しのターニングポイントです。下着を変えることで今後の将来の体型に大きく影響しますので、妊娠前から意識して過ごしましょう。

【関連記事】
産後すぐから布団の中でもできる、産褥運動を行っていきましょう。
体型戻しは産後3ヶ月が勝負!オススメの食事と運動

 

那口絵理

監修:那口絵理2017ミス・ユニバース・ジャパン講師

1980年東京都生まれ。10代の頃、モデルやアーティストとしてショービジネスで活動。その後トータルケアを実現するエステティシャンへ転身。産後ママのためのダイエット&キレイなスタイル作りのお手伝いを行う美容トレーナーとして活動中。2010年に第一子を出産。2011年に第二子を出産。2016、2017ミス・ユニバース・ジャパン講師

詳しいプロフィールを見る

関連タグ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ピックアップ記事

search