【妊娠中から産後まで】女性の味方「アサイー」がいいね!

監修:那口絵理

実は今ほどアサイーという名前が流行る前から、私は身体を動かした後の栄養補給として取り入れていました。妊娠前に通っていたジムで知り、ダイエットが目的というより疲労回復を目的に飲んでいました。

アサイーに含まれる豊富な栄養素の中でも私が特に注目するのはポリフェノールです。ポリフェノールは抗酸化作用のある栄養素として知られていて、老化の原因とされる活性酸素を抑制させる働きがあるので老化防止にもつながります。また、紫外線を浴びてシミの原因となる活性酸素が増えた肌にも、美肌作りをする働きがあります。

他にも食物繊維やカルシウムがたっぷりと含まれています。食物繊維には女性の天敵の便秘を解消し、カルシウムは骨を丈夫にし、イライラした神経を安定させる働きがあります。

アサイー

アサイーに含まれる主な栄養素
・ポリフェノール
・食物繊維
・カルシウム
・鉄分
・オレイン酸
・ビタミンB1
・ビタミンB2
・アミノ酸

自然植物なので妊娠中から取り入れられ、今も私は毎日の朝食に取り入れています。
売られているアサイーは、パルプ(ピューレ)タイプ、ドリンクタイプ、パウダーなどがあり、パルプタイプには加糖と無糖とがあります。個人的には、加糖が食べやすくておすすめです。
食べ方はアサイーボウルにしてフルーツやグラノーラと一緒に食べています。忙しい朝には、フリーズドライ状のアサイーをヨーグルト・バナナジュースに混ぜて食べたりしています。

手軽に毎日の女性の味方となる栄養素たっぷりのアサイーを取り入れてみてください。

注目のスーパーフードを他にもご紹介しています。合わせてご一読ください。

航空宇宙局(NASA)が注目するスーパーフード「キヌア」「NASA注目のスーパーフード!キヌアの美容効果

「大さじ1杯程度のチアシードと水があれば生き延びられる」というほどの栄養価に富んだ食材チアシード「チアシードは妊娠中・授乳中・ダイエット中にももってこいの食材

インカ帝国が栄えた時代から栽培されていた食品ゴールデンベリー「老化防止・美容効果・がん予防、ゴールデンベリーの驚きの効果!

那口絵理

監修:那口絵理2017ミス・ユニバース・ジャパン講師

1980年東京都生まれ。10代の頃、モデルやアーティストとしてショービジネスで活動。その後トータルケアを実現するエステティシャンへ転身。産後ママのためのダイエット&キレイなスタイル作りのお手伝いを行う美容トレーナーとして活動中。2010年に第一子を出産。2011年に第二子を出産。2016、2017ミス・ユニバース・ジャパン講師

詳しいプロフィールを見る

関連タグ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ピックアップ記事

search