家庭菜園初心者におすすめ! ベランダ菜園で体にいい夏野菜を育てよう!

男の子と女の子、二児の育児真っ只中のママライター、にこママです。

近年の健康志向で、食材にこだわる方もたくさんいらっしゃいますよね。そんな方たちにおすすめなのが家庭菜園! 実は私、家庭菜園が大好きなんです。
皆さんも無農薬の安心な野菜を育ててみませんか?

今回は、ベランダでも簡単に育てることができる、体によい夏野菜を紹介します。

夏野菜は暑い季節に良い効果がたくさん!

野菜は旬の時期が1番栄養価も高く、その季節に必要な栄養素をたくさん含んでいます。野菜が1番おいしくなるのも旬の時期。値段も安いので、食べない手はありませんよね!

<夏野菜の特徴>

熱中症に効果的!

ほとんどの夏野菜は水分やカリウムを多く含んでいるので、体にこもった熱をクールダウンする効果があります。だから、毎年ニュースにもなる熱中症対策にぴったりです。

手軽に食べることができる

トマトやきゅうりなど、生で食べられる野菜が多いので、手軽に食べられます。

食欲を刺激する色!

きゅうり・トマト・トウモロコシ・ゴーヤ・かぼちゃなど、夏野菜はカラフルなものがたくさん! 食欲が落ち気味な夏でも、見た目が鮮やかだと食欲が刺激されます。

「旬の食材を食べよう」と言われるには、ちゃんとした理由があるのですね。それでは、初心者でも簡単にベランダで育てることができる夏野菜の育て方やその野菜の特徴、おすすめレシピなどを紹介していきます。

初心者でも育てやすいミニトマト

ミニトマトは家庭菜園初心者でも簡単に育てることができる夏野菜です。我が家も現在は庭で家庭菜園をしていますが、初めての家庭菜園はベランダでミニトマトを育てましたよ。

ベランダで初収穫!

homegarden201606-にこママ-1

<必要な物>

・ミニトマトの苗
茎が太く葉がしおれてない物を選びましょう。まれに害虫のついている苗もあるので、葉の裏側を見て、虫がついていないかも確認するといいですよ。
・プランター
丈が150センチ以上になるので、縦×横30センチ以上ある物を選びましょう。
・支柱
丈が伸びてきたら安定させるために支柱を使います。
・土
初めはプランター野菜用の土を選ぶといいでしょう。野菜栽培に最適な配合をされた土になっているので栄養を加えたりせずそのまま使えます。
・鉢底石(軽石)

育て方

1. 水はけがよくなるようにプランターの底に鉢底石(軽石)を敷いてから土を入れます。
2. 苗は根元の茎が2.3センチくらい出るように植えつけます。根を傷つけないように気を付けましょう。
3. 植えつけたら、たっぷりと水をあげます。
4. 3週間ほど経ち、丈が伸びてきたら支柱を立て、ひもなどで固定します。
5. 各節から出てくるわき芽は摘みます。わき芽を摘むことで実が大きくなり、また風通しや日当たりもよくなり、害虫予防にもなります。

homegarden201606-にこママ-2
6.実が真っ赤になったら収穫します。収穫が遅れてしまうと、実が育ちすぎて割れてしまうことがあります。

※水は、土が乾いたらたっぷりとあげましょう。
※2週間に1度、肥料をあげましょう。

<トマトの効果>

トマトにはリコピンがたくさん含まれています。リコピンには抗酸化作用があるので、アンチエイジング効果があります。さらに、コラーゲンの生成も促進させるので美肌にもなりますよ。

<我が家の定番レシピ>

ミニトマトはサラダなどそのまま食べるのはもちろん、冷やし中華や冷ややっこなどのトッピングにしたり、野菜スープに入れたりしています。様々な料理に使えますよ。

きゅうりもベランダで育てられます

きゅうりも毎日何本も収穫できるくらい、プランター菜園で簡単に育てることができます。

<必要な物>

・きゅうりの苗
・プランター
丈が2メートルくらいになるので、大型の物を用意します。
・土
ミニトマト同様、プランター用の野菜土を選びます。
・支柱
・鉢底石(軽石)

<育て方>

1. トマト同様、プランターに鉢底石を敷いてから土を入れます。
2. 苗を植えます。
3. 植えたら水をたっぷりあげます。
4. 成長してきたら、支柱を立てて誘導します。
5. 子づる(脇目)は摘み取り、支柱の高さまで丈が伸びたらそれ以上伸びないようにつみ取ります。
6. きゅうりが20センチくらいに成長したら収穫します。
※きゅりは大きく、たくさん実をつけるので、1つのプランターにつき1つの苗で十分です。

<きゅうりの効果>

きゅうりは水分とカリウムをたくさん含み利尿作用があるので、浮腫み防止になりますよ。また、カロリーも低いです。

<我が家の定番レシピ>

スティック状に切り、味噌マヨディップにつけて食べます。

子ども達もお気に入りでパクパク食べてくれます!

homegarden201606-にこママ-3

今回はトマトときゅうりを紹介しましたが、他にもなすやオクラ、ゴーヤなどもベランダでプランター栽培ができます。夏には夏野菜をたくさん食事に取り入れ、健康的にも美容的にもよい効果を得ましょう。
成長する過程を観察する楽しみもありますし、自分で育てた野菜は格別です。

家庭菜園、おすすめです!

ベランダで薬味を育てて、ダイエット効果のある豆腐に添えるのもいいですよ。

↓   ↓   ↓

産後ダイエットは美容効果もある豆腐ダイエット! おすすめレシピをご紹介!
 
toufuトップ画像

関連タグ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ピックアップ記事

search