ライスミルクとグラス

カラダもお肌も喜ぶライスミルクで産後ダイエット!

ニュージーランドの大自然の中で二人の子育て真っ最中のママライターYangです。

ダイエット、美容、健康に関心の高い人は、豆乳などの植物性ミルクを取り入れていることが多いですね。そのまま飲んだり、お料理に使ったりするのは、もう当たり前。最近はアーモンドミルクやココナッツミルクなど、豆乳以外の植物性ミルクも人気です。

そんな植物性ミルクの中でも、今回は日本人の主食であるお米から作られた、ライスミルクに注目してみました。

ライスミルクはお米のミルク

ライスミルクは玄米から作られた栄養価の高い植物性ミルクです

ライスミルクとは、その名の通りお米で作られたミルクのこと。玄米と水をすり潰して作るので、とてもシンプルです。

味はほんのり甘く、飲んだ後は口の中にお米の風味を感じます。見た目は牛乳よりも少し黄味がかった白で、のど越しはサラサラして飲みやすいのが特徴です。

このライスミルク、海外では一般的で、スーパーマーケットなどで簡単に手に入ります。その理由に、原料がお米なので、ベジタリアンの多い国での需要があることや、大豆、小麦、乳製品アレルギーでも安心して飲めることが挙げられます。

でも、お米大国の日本では、まだまだ知名度は低めです。古くからお米を炊いて食べていた私たちには、生のお米をすり潰してミルクにするという発想が生まれなかったからかも知れませんね。しかし最近は、おしゃれな有名人が愛飲していることで、徐々に話題になってきました。

そのまま飲む以外にも、シリアルにかけたり、豆乳のようにお料理にも使えます。ほんのりした甘みを活かしてスイーツ作りもいいですね。また、家庭で手作りできるのもライスミルクの良いところ。お米が主原料なので、食物アレルギーが心配な赤ちゃんの離乳食にも使えますね。

ライスミルクの素晴らしい栄養価&効果

ビンにつめた栄養価の高いライスミルクと、メジャー

ライスミルクの主原料の玄米は完全栄養食です。

一日に必要な栄養素をほとんど摂取できるといわれているほど、栄養たっぷりの玄米。その玄米をすり潰して作るライスミルクは、沢山の栄養素をそのまま取り入れられるのが魅力です。その効果をいくつか取り上げてみましょう。

1、美肌になれちゃう!

糖や脂肪の代謝を促すビタミンB1、若返りビタミンと言われるビタミンE,コラーゲンのもととなるタンパク質などが含まれています。体の内側から健康になれるから、スリムなカラダも美肌も手に入ります。

2、牛乳と比べ低カロリーで低脂肪、コレステロールはゼロ

牛乳と同じように飲んでも、低カロリーで低脂肪なのでダイエット中でも安心。コレステロールフリーなので、健康に気を使う人にも最適なミルクです。

3、デトックス効果

玄米にはフィチン酸という物質が含まれています。フィチン酸には解毒作用があり、体内の有害な物質を排出してくれます。

4、むくみを解消

カリウムを多く含む玄米から作られたライスミルクには、利尿作用があり、体内の不要な水分を外に出すことで、むくみ解消につながります。

5、便秘にも効果あり!

産前産後、授乳中ママの大敵である便秘にも、ライスミルクはお勧めです。豊富な食物繊維が腸のぜんどう運動を促して便秘を解消します。

6、抜け毛や白髪予防

セレニウムという成分が、抜け毛や白髪を防いでくれます。妊娠中や産後に髪のトラブルに悩むママも多いのでは。ライスミルクでキレイな髪を取り戻しましょう。

手作りライスミルクのレシピと販売店

<お家で簡単に作れるライスミルクのレシピ>

ライスミルクを作るための玄米と塩と水

材料(約500ml分)

玄米 40g
水  500ml
塩  一つまみ

作り方

・玄米は2~3日水に浸けておきます。水は1日2回入れ替えます。
・水切りした玄米と水1リットル、塩をミキサーにいれ、粒が見えなくなるまでよくかき混ぜます。
・茶こしなどでこして出来上がり。お好みではちみつやメープルシロップなどを加えると飲みやすくなります。

炊いた玄米でも作ることができます。その場合は、玄米の量に対して5倍の水を入れてミキサーにかけてください。手作りのライスミルクは日持ちしません。飲む直前に作って、できたものはすぐに飲み切る事をお勧めします。

<市販のライスミルクはどこで買える?>
ライスミルクは、輸入食品を扱っているお店で買うことができます。中でも安くて味が良いと評判なのは、コストコのカークランドシグネチャ・オーガニックライスミルク。さらりとした飲み心地と優しい甘さが人気のようです。

他にも、ナチュラルローソンや成城石井などでも手に入ります。

近くに店舗がない場合はインターネット販売を利用しましょう。最近では国内のメーカーでもライスミルクを作っています。国産にこだわりたい人にはうれしいですね。

お米は日本人のパワーの源!昔の人は一汁一菜でとても元気に暮らしていました。それは、おかずが少なくても、栄養たっぷりの玄米を主食として食べていたおかげかも知れません。そんな玄米のいいところを手軽にとれて、しかもダイエットや美容に効果的なライスミルク、ぜひ試してみてくださいね。

ライスミルクの他にグリーンスムージーも体によい飲み物なので、こちらも合わせてご覧ください。

↓   ↓   ↓

産後ダイエットの見方!春はグリーンスムージーで時短美活
グリーンスムージー

関連タグ

ライスミルクとグラス

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ピックアップ記事

search