酢タマネギの材料のたまねぎ

酢タマネギで夏の疲れを乗り切る! ダイエットにもおすすめ

ニュージーランドの大自然の中で2人の子育て真っ最中のママライターYangです。

ギラギラとした夏の日差しも弱まり、気温も落ち着いて過ごしやすくなってきましたね。

夏の忙しさにほっと一息ついて、体にだるさを感じている人もいるかもしれません。夏バテというと真夏を連想させますが、過ごしやすくなる秋口の今の時期も夏バテを引き起こすことは珍しくありません。

そんな夏の終わりにお勧めするのが「酢タマネギ」です。手軽に作れて、ダイエットにも疲労回復にも効果があると、今話題になっています。

タマネギのもつ栄養素と効果

酢たまねぎを作るためのたまねぎ

タマネギに含まれる代表的な栄養素に、ケルセチンと硫化アリルがあります。これらは「ファイトケミカル」と呼ばれるものの一つです。

ファイトケミカルとは、植物に含まれ、紫外線や害虫から身を守るために作られる物質で、抗酸化作用、がん予防、免疫力アップなどが期待できると、近年注目されています。

ケルセチン

ポリフェノールの一種で、皮部分に多く含まれるケルセチン。その優れた健康効果を期待して、タマネギの皮で作ったお茶もあるほど。もちろん可食部にも含まれています。

ケルセチンには、強い抗酸化作用があり、活性酸素を除去する働きがあります。強い日差しが気になるこの季節には、紫外線ダメージから肌を守ってくれます。

脂肪の吸収を抑え、燃焼を促進し、肥満の原因である悪玉コレステロールを減らす効果があり、ダイエットや生活習慣病の予防になります。

硫化アリル

タマネギの辛みの元である硫化アリルは、血液をサラサラにする効果があります。血栓ができるのを防ぎ、血管を広げて血圧を下げます。また、ビタミンB1の吸収を助けるため、夏バテによる疲労回復、イライラや不眠の解消、免疫力アップも期待できます。

他にも、タマネギにはオリゴ糖や食物繊維、カリウムも含まれていて、ダイエットの天敵である便秘やむくみを解消してくれます。

お通じが良くなると老廃物も排出され、新陳代謝をあげて、スリムなカラダとキレイな肌を作ります。便秘の解消にはコンブチャ(紅茶キノコ)もおすすめです。

お酢のダイエット、健康効果

酢タマネギを作るためのお酢

太りにくい体に

お酢には、食事でとったエネルギーの代謝を活発にする働きがあります。摂りすぎたカロリーや栄養分を過剰に吸収するのを防ぎ、脂肪を溜め込みにくい体にしてくれます。

さえらに、食べたものを胃の中にとどめる時間を長くし、時間をかけて腸へと移動させるため、血糖値の急な上昇を防ぎ、太りにくい体質にします。

疲労回復にも効果的

また、お酢には塩味を強く感じさせる効果があるため、調味料として使うことで、塩の分量を減らしても、味を落とすことなくおいしく食べられます。

カルシウムの吸収を高め、イライラや疲労回復にも効果を発揮します。

夏バテで何も食べる気がしない時も、爽やかな酸味が食べやすく、胃液の分泌を助けて食欲を出してくれます。

健康なカラダと美肌をつくる

酸性に偏りがちな現代の食生活で、アルカリ性食品であるお酢を摂ることで、体を弱アルカリ性の健康な状態に近づけます。

お酢の血行促進作用は、肌色をアップさせてツヤツヤ肌に。くすみの解消も期待でき、美肌に導きます!

タマネギ×お酢のパワーで元気百倍!

酢タマネギは、タマネギとお酢の健康効果を一度にとれる優れた調理法です。どちらも料理の主役になることは少ないものの、いつも常備されているキッチンのレギュラーメンバー。手軽に作れるのがうれしいですね。
まな板の上の酢タマネギとフォークとトマト

酢タマネギのレシピ

<材料>
タマネギ 2個
お酢   100cc(米酢、穀物酢、黒酢、リンゴ酢などの醸造酢がお勧め)
はちみつ 大さじ2
塩    小さじ1

<作り方>
[1] タマネギを薄くスライスし、バットなどに広げて約15分ほど置きます。こうすることで辛みを飛ばし、栄養分を安定させる効果があります。
[2] お酢、はちみつ、塩を容器に入れてよく混ぜ、そこにタマネギを入れて、冷蔵庫で寝かせて完成です。

次の日から食べることができますが、2、3日寝かせると味が落ち着いて食べごろになります。1週間程度で食べきるようにしましょう。
一日に食べる目安は50g程度です。

野菜との相性抜群

サラダや酢の物のトッピングや、サンドイッチに挟んだり、さっぱりとした食感と味が食欲をアップさせます。冷やし中華にのせてもおいしく頂けますね。

すりおろすことでアレンジしやすく

タマネギをすりおろして作ると、オイルや醤油と混ぜてドレッシングにできます。ハンバーグの種にまぜたり、お味噌汁に入れたりと、用途は無限大。
すりおろした酢タマネギは、製氷機に入れて凍らせることで「氷酢タマネギ」になります。保存期間が長いうえ、必要な分量ずつ使えて便利です。

テレビや雑誌などでも、「10日間でウエストがマイナス2cm」「血管年齢が20歳近く若返った」など、驚きの効果が実証されている酢タマネギ。
お家でもぜひ試して、ダイエットも夏バテ解消も一度に叶えちゃいましょう!

夏の定番の麦茶は、実は秋以降も体調管理におすすめです。麦茶の美容効果については、こちらの記事を参考にしてみてくださいね。

↓   ↓   ↓
 

秋も冬も麦茶を飲んで、冷え知らずなヘルシー美ママに!

産前産後におすすめの麦茶

関連タグ

酢タマネギの材料のたまねぎ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ピックアップ記事

search