雛人形…みんな買うの?相場はどのくらい?

監修:那口絵理

女の子のお子さんをお持ちのママさんだったら、皆さん考えるのではないでしょうか。

雛人形はみんな買うものなのかしら……?
どれくらいの値段の物を買っているの……?

そこで、今回は、雛人形について、私の体験談を含めてご紹介していきたいと思います。

雛人形、みんな買っているの?

まず、娘がいる場合、代々受け継いできた自分の雛人形を飾るか、家族に合ったサイズのものを新たに購入するかになると思います。

どちらにしても、大小に関わらず何かしらの雛人形を飾る家族が多い印象を受けます。

雛人形は、誰が買うの?

雛人形を買うのは、母方の祖父・祖母というのが昔からの習わしとなっています。

勿論、誰が買っても良いものですが、風習を大事にしたい家庭でしたら、そのようにするといいですね。

うちの場合は私の父親が新たに子供のために購入しました。

雛人形の相場ってどのくらい?

気になる雛人形の価格ですが、ピンからキリまで様々です。

価格帯別で見ていきましょう。

○5~10万

男雛と女雛だけのシンプルな親王飾り

シンプルですが、王道ですね。
親王飾りがあるだけで、ひな祭りを感じられますね!

○8~12万円

三段飾りと呼ばれているこちらは、一番スタンダードな雛人形ですね。
男雛と女雛に三人娘と飾りがついいているタイプです。

先にあげた親王飾りかコチラを購入される方が多いですね。

○20万円以上

一昔前に主流だったのは、七段飾りと呼ばれているコチラです。

視覚で一番楽しめるのは、やはり豪勢な七段飾りですね。

しかし、コチラの雛人形は出すのも大変ですし、場所もかなり取られるので、今は比較的小さめでリビングボードなどに飾れる大きさのものが人気。

私も実際、親王飾りのケースに入ったものを選びましたが、飾っていてもほこりも気にならず、子供が触って壊す心配もなく良かったです。

雛人形を選ぶポイント

人形ですので、1体1体お顔が違います。
やはり、顔や表情でインスピレーションの合った雛人形を購入するのが一番良いですね。

皆様が、お気に入りの雛人形を見つけられますように。

那口絵理

監修:那口絵理2017ミス・ユニバース・ジャパン講師

1980年東京都生まれ。10代の頃、モデルやアーティストとしてショービジネスで活動。その後トータルケアを実現するエステティシャンへ転身。産後ママのためのダイエット&キレイなスタイル作りのお手伝いを行う美容トレーナーとして活動中。2010年に第一子を出産。2011年に第二子を出産。2016、2017ミス・ユニバース・ジャパン講師

詳しいプロフィールを見る

関連タグ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ピックアップ記事

search