テニス

子供の習い事

監修:那口絵理

子供にどんな習い事をさせてあげたらいいのかと悩むママも多いのではないでしょうか。
今回は、私の息子が行っている習い事、そして始めた経緯を紹介したいと思います。

習い事を考える

テニス

私の息子は、テニスを習っています。といってもテニスを習い始めたのは8歳と遅かったのですが、
それまでは、色んなスポーツに触れさせ、この子にはどんなスポーツが合うのか、
また本人が本当にやりたい習い事なのかをずっと模索していました。

ある時、テニスをやってみたいという本人の好奇心で体験に行きました。
その際、すごく楽しかったようで、それを見ていた私も今までとは違う!と感じ、息子自身も本格的に取り組みたいという意思が強かったので、はじめました。

親として、この子にあう習い事を探してあげなければならないと使命感のようなものがありましたが、習い事に行き、その体験を身に付けていくのは、子供です。

子供がやりたいと思ったことを尊重し、それに対し、バックアップしていくことが、親として大事なことなのだと気づきました。

習い事を始めてみて

テニス

 

息子は、一緒にレッスンを受けている同学年の子達よりも始めるのが遅く、最初はついていけるか不安でした。
しかし子供の成長スピードは速く、確かにはじめは周りの子達と比べると技術に差がありましたが

息子は、それが逆に刺激となり、『もっと上手になりたい!』と自らレッスンを増やしたいと要望してきたり、自主練をしたり等積極的に取り組む姿勢や向上心が芽生えました。

身体を動かして体力を付けることは勿論ですが、精神面でも成長を感じられることは、親としてとても嬉しいですね。

体力もUP

テニス

私自身、身体を動かすことが大好きなので、息子にも、「運動をすることは楽しい
と感じて欲しく思っていました。

小学生になり、そろそろ本格的かつ真剣に取り組めるスポーツを見つけて欲しかったので、本人が意欲的に行えるスポーツに出会えたことが本当によかったと思います。

また集中して体を使うことで、体力もアップし食事の量も増え、しっかり残さず食べるようになりました。

親としては、本当に喜ばしいことですよね。

親として思うこと

テニス

好きなことを見つけてくれたことは何よりも嬉しく、また好きなことを一生懸命に
取り組んでいる姿は、親としてとても嬉しく思います。

また、その取り組みは、子供を大きく成長させてくれるので、今後は自分自身で決めた目標を持って、それに向かって何をやるべきかを自分で考える力を身につけてくれたらなと思います。

また、テニスをするにあたり、どこのスクールに通うか迷いましたが、まずは体験に行き、本人が楽しめたかどうかが重要だと改めて感じました。

そのほかに親目線で言えば、
・慣れてきたら一人でも通える距離か
・天候に左右されずに行える室内か
など、条件にもぴったり合ったスクールを見つけることが出来たので安心しました。

那口絵理

監修:那口絵理2017ミス・ユニバース・ジャパン講師

1980年東京都生まれ。10代の頃、モデルやアーティストとしてショービジネスで活動。その後トータルケアを実現するエステティシャンへ転身。産後ママのためのダイエット&キレイなスタイル作りのお手伝いを行う美容トレーナーとして活動中。2010年に第一子を出産。2011年に第二子を出産。2016、2017ミス・ユニバース・ジャパン講師

詳しいプロフィールを見る

関連タグ

テニス

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ピックアップ記事

search