ママ友

あなたは大丈夫?幼稚園でママ友に嫌われない3つのポイント!

二児の小学生ママのカオリです。
「ママ友トラブルとか嫌だなぁ」
と幼稚園入園前に不安になっていませんか?

ママ友を作ると面倒なことが起きそうと思っている人がいるかもしれませんが、気の合うママ友を作ることが出来たら、子育ては何倍にも楽しくなります!
でもママ友は普通の友達とは違い、気をつけなければいけないことがあります。
今回はママ友と円滑に過ごす為のNG行為3つについて紹介していきます!

NGを避けてママ友と楽しく園生活を送ろう!

ママ友は、子どもが縁でできた友達のことで、子どもが絡んだ友達関係ということ。
基本的には学生時代などの友達と同じで楽しい時間を共に過ごす、悩みを共有するなど、【友達】ですが、子どもが密接に関わるので、トラブルに発展する可能性の3つのNGがあります。

この3つのNGを回避するだけで、ママ友トラブルは格段に減るはずです!

ママ友NG①噂話をする

ママ友

噂話って楽しいですよね。
でも噂話は不確定なこともあり場合によっては、相手を傷つけてしまうことになります。
自分が知らないところで、噂話をされたら嫌ですよね。

また、誰と誰が繋がっているのかわからないのもママ友の怖いところ。園で話しているのを見たことがなかったとしても、実は上の子同士が仲良くて繋がっていた、家が近所で繋がっていたなど、パッと見では分からない交友関係も存在するのです。

あなたが噂話をしていたという話が本人に伝わってしまう場合もあるので、まだ関係が浅いうちは噂話をしないことが賢いやり方。

噂話をするのなら、関係が深くなり、信頼できるなと感じた人にだけにしましょう!

ママ友NG②我が子自慢

「運動会の徒競走で1位を取った!」
「字が書けるようになった!」
など我が子の素晴らしさを話したいときってありますよね。

でもまだ関係の浅いママ友の前ではそこはグッと我慢するのが賢いです。あなたは自慢をしたつもりはなくても、自慢をされたと不快に思ってしまう場合があります。

あなたも経験があるかもしれませんが、子どもが大切だからこそ、色々なことが気になり、他の子と比べて我が子が劣っているかも、成長が遅いかもと悩んでいるママは多いのです。

ですから子どものことで嬉しいことがあった、成長を話したいというときは、学生時代の友達や、子どもの年齢が違うママ友に思いっきり話しましょう!子どもの年齢が違えば、子ども同士を比較することもなく自然と「良かったね」と思ってもらえるはずです!

ママ友NG③パパ自慢

「パパとうまくいっていない」
「生活費が少なくて、毎月ギリギリの生活」
など表面的に幸せそうに見えても実は悩みを抱えているママは多いです。

我が子自慢同様、あなたは自慢だと思っていないことでも、悩みを抱えている人が聞いたら、自慢された、羨ましいとマイナス感情を抱かれてしまうことがあります。

特に幼稚園は、専業主婦が多く、パパの収入のみで生活をしているオウチが多いと思うので、お金の話は避けた方が無難。

でもパパの話もしたいですよね。そんなときはパパの悪口を言うと盛り上がるかも!パパには悪いけど、クスっと笑っちゃうような可愛い悪口を言って、話のタネになってもらいましょう(笑)パパの自慢話をしたいときはやはり学生時代の友達など信頼できる人がいいですね!

NGに気をつけて、ママ友を作ろう!

ママ友

ママ友がいれば、子育ては楽しく充実したものになるはず。でもやはり普通の友達関係よりも気をつけることはあります。それは、噂話、子どもの自慢話、パパの自慢話。
この3つを親しくなるまでは、しないように気をつけましょう!
もちろん親密になったら、学生時代の友達のようになんでも話して信頼関係を築いていけます。信頼できるママ友が1人いるだけであなたの子育てはグンと楽に楽しくなるはずです!

★那口絵理監修オススメ記事★

1.  忙しいママに役立つ便利なサービス【Uber Eats】

2. ママ向け花粉症対策

3. 都内のオススメお花見スポット

関連タグ

ママ友

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ピックアップ記事

search