オムツ

オムツをはずすのはどうしたらいいの?オムツはずしに挑戦しよう!

幼稚園や保育園の入園を機会にオムツはずしの事を考え始めるママも多いのではないでしょうか?オムツはずしを始める時期は2~3歳でスタートさせるご家庭が多いようです。

2~3歳になると膀胱も大きくなってきて、おしっこをある程度ためておけるようになります。

また、自分で「おしっこ」と言葉で意思を伝えられるようになります。

その他にも、おしっこの姿勢を保つことも出来るようになりますし、トイレでおしっこをするという行為自体も理解が出来るので、子供の準備は整う時期です。

しかし、オムツはずしは歩いたりするのと違い、自然に出来るものではありません。子供の発達具合や興味を大人がタイミングを見計らい、サポートすることで出来るようになるのです。

子供のサインを見逃さないで!

オムツ

年齢に応じて子供はオムツはずしの準備が整います。子供のサインを見逃さないことが大切です。タイミングがずれるとなかなかオムツがはずれない原因にもなってきます。
では、どんなサインなのか見てみましょう。

【①トイレに行きたがるようになってきた】
オムツにもう出てしまっているのに、トイレに行きたがる場合があります。トイレに興味が出始めた証拠です。ズボンを脱がなくても、便座に座ってみたり、トイレットペーパーに触ったり、水を流してみたり。疑似トイレ体験をさせてあげましょう。意外にすんなり出来ることもありますよ。

【②おしっこを教えてくれるようになってきた】
おしっこが出たことを自分が分かっているサインです。まず、教えてくれたことを褒めます。
そのあとで、「次は出る前に教えてね」と優しく教えてあげましょう。

【③自己主張が激しくなってきた】
イヤイヤ期でもあるこの時期は、自己主張も激しくなります。この時期は、挑戦して出来たことも理解できるようになっているので、チャレンジ精神に火をつけましょう。「出来たらカッコいい!」、「お兄さん、お姉さんみたいだね!」と声をかけてあげましょう。

【④オムツを嫌がるようになってきた】
性能が良いオムツでも、おしっこで重くなったオムツをしていると動きづらく不快です。そんな不快を子供が感じているなと思ったら、いいタイミングです。「トイレですると気持ちがいいよ」とトイレでおしっこをすることを勧めてみましょう。

【定期的な行動をするようになってきた】
飲食をして数時間後になると定期的にソワソワしたり、うろうろしたり、端っこに行くなどしたらおしっこに行きたいのかもしれません。そんな時は、「おしっこ行ってみようか」と声をかけてあげることが大切です。また、お出掛けの前にする、お風呂の前にするなど定期的な予定の前に行かせると自然と身に付きます。

始めるのにおすすめの時期はいつ?

オムツ

もちろん子供のサインに合わせて始めるのが第一ですが、おススメの時期があります。
それは、“春”です。春頃は気候も良くなり薄着になるので脱ぎ着がしやすくなります。
洗濯物も乾きやすくなるのでおススメです。

オムツはずしは3カ月以上の長丁場になることもあります。すぐにはずれるケースの方が少ないと思った方がいいでしょう。
1度出来ても、すぐに嫌になってしまって停滞することも良くあることです。
無理せず、時間を少し置くと再チャレンジのチャンスもやってきます。
“冬までに出来たらいいね”とゆったりした気持ちで構えれば、ママも子供もストレスなく進められるでしょう。

オムツはずしの挑戦が子供の自信に繋がります!

オムツ

オムツをはずすことは、子供にとっては初めての大きな挑戦です。
子供にとって、オムツではなくトイレですることは気持ちがいいだけではなく、
“赤ちゃんじゃなくなる”と自信が持てる出来事です。
オムツはずしをスムーズに行うことで、子供の様々なことに挑戦する意欲的な思いを大きくすることが出来るのです。
心も体も成長していることを感じながら、楽しくオムツはずしに挑戦しましょう!

★那口絵理監修オススメ記事★

1. 都内から行きやすい!おすすめの日帰り温泉3選

2. 忙しいママに役立つ便利なサービス【Uber Eats】

3. イーママビューティー主催イベント

関連タグ

オムツ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ピックアップ記事

search