brassiere1

妊娠・出産後も美乳でいるためのブラ選び

2歳の男の子を育児中のビューティーライターYUZUです。
出産前後に急激に大きくなったバストが、今では妊娠前よりしぼんでしまった、垂れてしまった、そんな悩みをもつママも多いと思います。
そこで今回は、マタニティ時から卒乳後までのブラ選びについてお話します。

妊娠したら、バストはどう変わる?

brassiere2

妊娠すると、カラダはすぐに母乳をつくる態勢に入ります。
乳腺の働きが活発になり、バストの大きさや形も徐々に変化していきます。
わずかな刺激にも敏感になり、人によっては乳首にブラやタオルが触れるだけでも激痛を感じることもあります。

普段のブラを使いつづけると、バストの変化に対応できず、しめつけることになってしまいます。
妊娠したらまずは、ノンワイヤーのマタニティブラを購入しましょう。
どんどん大きくなるバストを、マタニティブラでやさしくしっかり支えることがポイントです。
妊娠でバストは大きくなりますが、バストの上部よりも下半分がまん丸と膨らむため、垂れているように見えます。

出産の頃には妊娠前よりも2カップほども大きくなります。
垂れることを懸念して、無理に普段のブラで補正するのは禁物です。
マタニティブラでも充分に支える機能がありますので、安心してくださいね。

産褥期~授乳中に気をつけること

brassiere3

出産を終えて、カラダが妊娠前の状態に戻るまでを産褥(さんじょく)期といいます。
個人差はありますが、1カ月前後かかるとされています。
無理をせず、できる限りカラダを休ませる大事な期間です。
しかし、母乳育児の場合、授乳はママのお仕事。

出産直後から、バストはたっぷりと母乳をたくわえて、さらにまん丸と大きく重くなります。
痛いほど張りが強くなり、ママも赤ちゃんも慣れない授乳で、バストは常にストレスフル。
しかし、すぐに授乳できるようにと、ノーブラで過ごすのはNG!
授乳の前後で大きく変化するバストは、その重みで下垂しやすい状態です。
過敏なこの頃のバストは、おさえつけない、清潔を保つ、肌にやさしい、を心がけ、コットン100%の授乳用ブラ+母乳パッドで、おっぱいをソフトに守りましょう。

brassiere4

授乳にも慣れた産後3カ月頃からは、張りが和らぎ、バストも徐々にサイズダウンしていきます。
楽になる反面、この頃からバストの弛みが顕著になってきます。
必ずサイズの合った授乳用ブラを着用してくださいね。

卒乳したら必ず再計測しよう!

brassiere5

完全に卒乳したら、普段のブラにリターン。
このときに重要なのが、サイズを測り直すこと!

大きさや形の変化を経たバストは、妊娠前と同じブラがジャストサイズであるとは限りません。
カップだけでなく、アンダーのサイズも変わっているかもしれません。
サイズの合わないブラを使うと、バスト周りの筋肉や血管、リンパなどへも悪影響を及ぼします。
また、肩こりや頭痛、ストレスの原因にもなります。

睡眠時は、ノンワイヤー&ノンフックのナイトブラの着用をおすすめします。
ワコールが2017年4月に行ったアンケート「睡眠と下着に関する意識と実態調査」によると、5人に1人が、バストによる睡眠の妨げを感じています。

普段のブラをつけたままだと寝苦しく、ノーブラだと落ち着かない、そんな睡眠時のバストのイライラを解消してくれるのが、ナイトブラです。
両サイドからやさしく包みこんでくれるので、心地良く眠ることができます。

↓    ↓    ↓

妊娠期間から産後は著しく体型の変化がみられます。「妊娠が分かったらやることといえば、家族に報告と下着購入」です。

関連タグ

brassiere1

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ピックアップ記事

search