cold_enemy_Top

妊活に冷えは大敵! 妊活を考えているなら温活をしよう!

男の子と女の子の二人育児真っ最中、ママライターのにこママです。

冷え性の女性、多いですよね。
私もその一人。

女性は男性に比べて筋肉量が少ないので身体が冷えやすいと言われています。
「冷えは万病のもと」という言葉、よく聞きますよね。
身体が冷えると様々な器官の働きも鈍くなります。
これは子宮や卵巣にも言えること。
冷えは赤ちゃんが授かりにくい原因のひとつなのです。
妊娠を考えているなら、身体を温める温活もしていきましょう!

なぜ身体が冷えると良くないの?

卵巣が冷えると働きが鈍くなるので、健康な卵子が作られにくくなってしまいます。
そして、「身体が冷える=血の巡りが悪くなる」
ということは、赤ちゃんのベッドとなる子宮内膜がふかふかにならないので、着床しにくくなっちゃう。
着床しても流産してしまう確率も上がってしまいます。

それでは、効果的な温活方法を紹介していきます!

外的の冷えを防ぐ

cold_enemy_1

寒い冬だけでなく夏の冷房も身体を冷やすので、一年を通して身体を温めましょう。
「首」のつくパーツを温めると効果的!

・首
マフラーやストールなどでしっかりガード!
・手首
肌寒い季節、お散歩や自転車に乗る時などは手袋やアームウォーマーで手首も温めましょう。
・足首
冬の暖房、夏の冷房の中にいると足が冷える!という方も多いですよね。
ストッキングの上に靴下を履いたり、レッグウォーマーをして冷えを防ぎましょう。

そして、妊娠に重要な器官を重点的に温めることも大切です。
「卵巣」と「子宮」があるお腹周りは意識して温めて!
ホッカイロを貼ったり腹巻をするといいですね。

温かくなるものを身体に入れる

cold_enemy_2

毎日摂る食事。
身体を温める食材を取り入れていきましょう。
根菜類や生姜、ニラ、とうがらしなどは身体を温める効果がある食材です。
根菜類たっぷりのお味噌汁やスープなどがおすすめ!
また、夏でもできるだけ冷たい飲み物は避けた方がいいですよ。
暑い時期に温かい飲み物なんて無理!という方は、せめて常温のものを飲みましょう。
コーヒーはホットでも身体を冷やしてしまうので飲み過ぎには注意!

湯船にしっかり浸かる

毎日シャワーで済ませている、という方も多いかと思いますが、身体を温めるにはしっかりと湯船に浸かることが大切です。
できれば20分は湯に浸かり、身体を芯から温めましょう。

軽いストレッチや運動をする

デスクワークなどで一日中同じ体勢でいると、血の巡りが悪くなり冷えの原因になります。
寝起きと寝る前に軽くストレッチをしたり、意識して階段を使う、一駅分だけ歩くなど、意識して軽い運動を生活に取り入れられるといいですね。
また、仕事中など座っている状態でも、手足の指をぐーぱーぐーぱーと動かすだけでも血の巡りを良くする効果がありますよ!

漢方を試してみる

cold_enemy_3

酷い冷え性の方は、身体を温める効果のある漢方を試してみるのもいいと思います。
私自身もひどい冷え性のため、妊娠を考え始めてからは漢方を処方してもらっていました。
内科で相談してみましょう。
漢方内科もありますよ。

温活グッズがたくさん!

cold_enemy_4

「温活」が注目され始めてから、様々な温活グッズが出てきましたよね。
重ね履き靴下や足元ヒーター、足湯バケツやよもぎ温座パット・・・調べてみるとあなたにぴったりの温活グッズが見つかるかもしれませんよ。
冷えは妊娠の妨げにもなりますが、他にも生理不順や免疫力の低下など様々な体の不調の原因にもなります。
赤ちゃんを授かり、そして元気に育児をするためにも、日々の生活に温活を取り入れていきましょう!

関連タグ

cold_enemy_Top

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ピックアップ記事

search