qualification_top

2019年は資格を取ろう!今後に活きる、ママにオススメの資格とは

育児・家事に仕事にと、日頃からとっても忙しいママ達。しかし自分の時間が全く無い中でも「今後のために」と資格取得を目指す方もたくさんおられます。

でも「何か資格を取ろう!」と思っても「どんな資格を勉強すれば今後に活きるの?」と悩んでしまいませんか?
そこで“使える”資格をいくつかピックアップしてみました!

ママにオススメの資格「3選」

qualification_1

自宅で資格取得に向けた勉強ができる「生涯学習のユーキャン」から、今後に活かせる“ママのための”資格を3つご紹介します。

「登録販売者」

「登録販売者」は、薬局やドラッグストアで「かぜ薬・鎮痛薬」などの“第2類・第3類”の一般医薬品を販売できる【国家資格】です。

薬剤師しか取り扱えない“第1類医薬品”と違い、第2類・第3類は非常に種類豊富。ドラッグストアでの需要も多いため、「登録販売者」の有資格者はかなり重宝されます。

以前は「受験資格」として実務経験が必要でしたが、平成27年4月以降は誰でも受験可能に。全国どこでも働けるうえ、今後もニーズは増える予想。
これから資格取得を目指すママに、非常にオススメの資格です。

【試験について】
・受験資格…誰でも可
・時期…年1回以上、8月~12月頃
・場所…全国の都道府県

★ユーキャンの「登録販売者」講座
https://www.u-can.co.jp/course/data/in_html/1258/

「宅地建物取引士」

「宅地建物取引士(宅建士)」は不動産取引をする企業には欠かせない【国家資格】。
お客さまや取引相手に、公正な不動産取引のための説明などを行います。

専門的で難しい試験ですが、資格取得後は
・建築関係
・金融関係
・不動産関係
など幅広い業界でニーズがあるうえ、資格があることで手当てが付く場合も。
じっくり時間をかけて勉強できるなら、ぜひオススメの資格です。

さらに上を目指すなら、宅建取得後に不動産関係の仕事で実務経験を積みながら「不動産鑑定士」の国家資格を目指しても!こちらは非常に難易度が高く合格率も低いですが、独立も視野に入れることができます。

「宅建士を目指す」のももちろん良いですが、その後のステップアップを考えながら資格を選んでみるのも素敵ですよ。

【試験について】
・受験資格…誰でも可
・時期…毎年1回、10月の第3日曜日
・場所…お住いの都道府県

★ユーキャンの「宅地建物取引士」講座
https://www.u-can.co.jp/%E5%AE%85%E5%BB%BA/?il=[rank]1901_67

qualification_2

「社会保険労務士」

「社会保険労務士(社労士)」は、社会保険や年金などの手続きや書類作成、相談などを行います。上記2点の資格と同じく、こちらも【国家資格】です。

社会保険の書類や手続きなどの業務の他、雇用や社員の働き方に関する相談など仕事内容の幅は広め。独立も視野に入れられる資格です。

試験は難しいものになりますが、時間をかけてコツコツと勉強できるならこちらもオススメです。

【試験について】
・受験資格…次のいずれかに該当している方
〇短大卒と同等以上の学歴がある方
〇学歴による受験資格がなくても、一定の実務経験がある方
〇行政書士資格を有している方
・時期…毎年1回・例年8月の第4日曜日
・場所…全国社会保険労務士会連合会試験センター(19都道府県30会場・平成30年時点)

★ユーキャンの「社会保険労務士」講座
https://www.u-can.co.jp/%E7%A4%BE%E4%BC%9A%E4%BF%9D%E9%99%BA%E5%8A%B4%E5%8B%99%E5%A3%AB/?il=[rank]1901_64

どの資格も「受験のハードル」は低い!

qualification_3

需要が多く役立つ資格を取得しようと思ったら、そもそも受験資格として大卒資格や専門的な学校での勉強が必要だった……なんてことありますよね。

でも今回ご紹介した3点は、受験資格をクリアできる方が比較的多いもの。
「今までの自分」ではなく「これからの自分の努力次第」で道が開けるものであり、これから“変わろう”とするママさんにうってつけです。

ちなみにこの記事を書いている私の最終学歴は「高卒」で特に資格なし。今後役立ちそう!と資格を調べるも学歴でアウト、という経験をたくさんしてきました。
子どもがいるから簡単に“自分の為の学びなおし”はできない。でもだからこそ、今後必ず役に立つ資格を身に付けたい。私もそんなママの1人です。

医療事務やコーディネーター系について

ママに人気の資格としてよく耳にするのが「医療事務」や「〇〇コーディネーター」など。もちろん取得を目指すのも良いですが、これらは資格の有無よりも“実務経験”が重要です。
また、取得する人が非常に多いために「その資格以外の要素」を見られる場合も多く、そもそも企業に採用されるのが難しかったり、独立を考えるなら資格だけでは力不足だったりも。

目標を決めて“コツコツ”が大切!

qualification_4

育児中はなかなか資格取得の為の勉強をする時間が取れませんよね。本当に大変な時は、ママ自身の睡眠時間や食事時間を確保するのもやっとです。また、資格取得の為に少しまとまったお金も必要です。

そんな貴重な時間とお金を使うからこそ、やっぱり難しくても確実に“活きる”資格を身に付けるのがオススメです。
よ~し、やってやるぞー!!!なママさん達、応援していますよー!!!

<参考資料>
・登録販売者
https://www.acpa-main.org/tourokuhanbaisha/

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%99%BB%E9%8C%B2%E8%B2%A9%E5%A3%B2%E8%80%85#2015%E5%B9%B44%E6%9C%881%E6%97%A5%E6%94%B9%E6%AD%A3

・宅建士
https://www.tac-school.co.jp/kouza_takken/takken_sk_idx.html

・不動産鑑定士
https://reatips.info/rea/

・社会保険労務士
https://www.u-can.co.jp/%E7%A4%BE%E4%BC%9A%E4%BF%9D%E9%99%BA%E5%8A%B4%E5%8B%99%E5%A3%AB/?il=[top]64_list_bottom

http://www.matsu-sharo.com/category/1549038.html

http://www.sharosi-siken.or.jp/pdf/05/info_04_goukakusya_suu_jyoukyou.pdf

・全資格の参考
https://moguchan.info/

 

★那口絵理監修オススメ記事★

1. 〈これから注目される〉エラスチンサプリメントと美容液でエイジングケア
2. 小学生低学年の子供と一緒に楽しめる日帰り温泉施設(関東編)
3. 【まとめ】産後美容トレーナーのトレーニング動画まとめ

qualification_top

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ピックアップ記事

search