夏休みのクッキング

【夏休み】料理で子どもの脳を活性化!超簡単な3つのレシピ!

二児のママのカオリです。

長~い夏休み、毎日どうやって過ごせばいいのか悩んでしまいますよね。毎日お出かけするわけにもいかないし、ずっとゲームをさせるのも嫌だし……。
そんなママにおすすめなのが料理!

子どもと一緒に料理をするなんて面倒だと思うかもしれませんが、料理は脳を活性化させる効果があるのです!
最後に超簡単なレシピを3つ紹介するのでぜひチェックしてみて下さいね!

夏休みに料理がおすすめな3つの理由

夏休みのクッキング

①涼しい室内でできる

夏休み中は暑かったり、台風がきたりと外で遊ぶのも大変ですよね。料理は完全に室内でできるので、どんな天候のときでもOK。
冷房が効いた快適なお部屋で楽しい時間を過ごすことができます。

②脳が活性化する

料理をしているお年寄りは認知症になりづらいという話を聞いたことがありませんか?
料理は、脳の最高中枢である前頭前野を活性化する効果があるのです!他にも味覚、嗅覚、視覚、聴覚の五感をすべて使っていくので、脳トレーニングにはピッタリ!

お金をかけて脳トレや脳育などをしなくても家で料理をするだけで、脳が活性化するのです!

③将来役に立つ

食事は生きていく上で必ず必要なものですよね。外食などで済ませるのもいいですが、栄養面、経済面を考えると自分で食事を作ることができた方が絶対に良いです。

子どものときに体験したことは大人になってもすんなり始めることができます。
子どものときにピアノを習っていたら大人になってピアノを始めることに抵抗がないはず。このように料理も子どものうちに体験しておくことで、大人になっても抵抗なく始めることができるのです。

親子料理におすすめの簡単料理

「料理が子どもに良いと言われても、面倒なんだよなぁ……。」と思っているママさんもきっといるはず(笑)。難しい料理をする必要はありません。簡単でキッチンも汚れないけど、時間稼ぎになるそんなレシピを3つ用意しました!
この3つはうちの子どもたちも大好きです。きっとあなたのお子さんも粘土遊びの延長みたいな気分で楽しめるはずです!

①白玉団子

夏休みのクッキング

❶白玉粉に水を加える
❷団子状にする
❸茹でる
❹きなこや醤油をつける

白玉粉のレシピは白玉粉と水を混ぜて団子状にして茹でるだけなのでとっても簡単!まずは❷の団子状にするのをお子さんにやってもらいましょう!色々な形や大きさ違いのものを作るのも楽しいです!

②餃子の皮チョコ

夏休みのクッキング

❶餃子の皮にチョコを包む
❷トースターで焼く

餃子を子どもと作ると考えるとちょっとハードルが高いですが、チョコなら簡単!板チョコを餃子の皮に包んでトースターで焼くだけなので汚れる心配もありません!

③具をのせるだけピザ

夏休みのクッキング

❶ピザ生地にチーズなどの具をのせる
❷トースターなどで焼く

「ピザを焼く」というとかなり大変そうなイメージがあるかもしれませんが、ピザ生地を使えば超簡単!我が家は業務スーパーのナポリ風ピザクラフト(\298)をよく使っています。
ピザソースではなく、ケチャップや焼き肉のたれなどでも美味しいのでおすすめ。具はたくさんの種類を用意するとオリジナルのピザを作ることができるので、とっても盛り上がります!

夏休みは子どもと料理をして脳を活性化させよう

料理は脳を活性化する効果があります。さらに将来自炊するための下地作りにもなるので、ぜひお子さんと一緒にやってみてください。

子どもと一緒だとキッチンが汚れる、面倒などと思うかもしれませんが、今日紹介したレシピならママの手間は最小限!今日紹介したレシピを小さい頃からやっていたうちの長女(中1)は、今では肉まんを皮から作るほどの料理好きになりました。ぜひみなさんもやってみてくださいね!

★那口絵里監修オススメ記事★

1. おすすめの日焼け止め
2. おすすめのヘア商品
3. 憂鬱になりがちな季節のすっきりアイテム 〜アロマ系グッズ〜

夏休みのクッキング

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ピックアップ記事

search