手づかみ

自立心を育む「手づかみ食べ」のおすすめ!ポイントとは?

離乳食後期(生後9ヶ月~11ヶ月)になると、早い赤ちゃんは自分の手でつかんでものを食べたがります。

ママやパパが、スプーンですくって食べさせていたのに、気づけば自分で食べたがるようになってきたという時は、思い切って赤ちゃんの食べさせたいようにさせてみましょう。

これまで離乳食というと、どんな食材をどのように調理して食べさせるということは、多く紹介されてきました。

しかし、どんな風に食べさせたらいいのか?といった肝心の「食べさせ方」については、あまり触れられてきませんでした。

今回は、生後1歳二ヵ月になる娘がいる私が今現在、どんな風に食べさせているのか?体験を元におすすめの食べさせ方をご紹介したいと思います。

これから、離乳食後期から完了期にさしかかるという方も、今現在「食べさせ方」でお悩みのママさんの参考になれば幸いです。

■「手」を使って食べることは脳の刺激になる!

手づかみ

手づかみで食べたいと言われると、好きなようにさせてあげたい反面、「後片付けが大変!」「床が汚れちゃう」なんてお悩みがあると思います。

でも実は、手づかみで食べることで脳を刺激し、感覚や運動機能を高めることにも繋がるのです。

一歳になる前の赤ちゃんは、自分でまだ「スプーン」や「フォーク」を使って上手に食べるのは難しい時期です。

だからこそ、見て(視覚)触って(触覚)食べる(味覚)、口に運ぶという一連の動作は、脳を刺激し五感を働かせる『感覚機能』と『運動機能』を高める非常に大切な動作です。

食べ方が汚いから、まだ上手に食べられないからといって、ママやパパが全部食べさせてしまうとそれが習慣になってしまいます。

ゆくゆくは、自分でしっかりと箸やスプーンを持って食べられるようになるのがゴールです。

自分で食べたい!と意思表現をしている赤ちゃんには、できるだけ好きなように食べさせてあげましょう。

とは言っても、片付けは毎日のことなので、少しでもママやパパが気兼ねなくスムーズに食べさせてあげられるようになるコツをいくつかご紹介していきたいと思います。

■こぼしても安心!マットやエプロンを準備する!

手づかみ

生後9ヶ月くらいになると、早い赤ちゃんは自分で手を伸ばして食べたがります。

例え、スープやご飯をこぼしてもすぐに拭けるようなマットや、床が汚れないように予防できるシートを準備しておくと安心です。

少しくらいこぼれてしまっても、簡単に拭き取れますし、汚れがついてシミになることもありません。

汚れがついた時は、シートやエプロンもそのまま洗えるものを選ぶと、片付けもぐっと楽になるはずです。

今、お使いのエプロンがあればその他に、床にしくタイプのマットや机を汚さないようなマットやランチョンマットを一枚準備してみましょう。

■手づかみでも食べやすい大きさにカットしよう!

手づかみ

そして最後に、手づかみでも食べやすいように「大きさ」を工夫することが大切です。

野菜なら、細長い棒状にカットして握りやすくする、おにぎりなら、海苔を巻いて小さくカットし一口で食べられる大きさにするなど、赤ちゃんが食べやすい大きさに工夫してあげるとこぼしにくくなります。

野菜嫌いな赤ちゃんには、スティック状にカットして昆布だしなどで柔らかく煮ると食べやすくなります。

一歳前後になったら、是非「手づかみ」で食べる練習を始めてみてもいいですね。

もちろん、無理にさせる必要は全くありません。

自分で食べてみたいな、触ってみたいなと意思表示をするようになったら、是非思い切りさせてあげましょう。

脳の刺激にもなり、感覚を養う練習だと思ってこの時期は、赤ちゃん目線で色々工夫してみてはいかがでしょうか?

「手づかみで食べると汚いな」、「片付けが大変だな」と思っていたママやパパもこれで少しは、気持ちが楽になったのではないでしょうか?

感覚機能や運動機能を養うための良い機会だと思って、優しく見守ってあげてくださいね。

★那口絵理監修オススメ記事★

1.憂鬱になりがちな季節のすっきりアイテム 〜アロマ系グッズ〜

2.ママにオススメの雨の日グッズ

3.おすすめのヘア商品

関連タグ

手づかみ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ピックアップ記事

search