ビューティートレーナー那口絵理、日頃のトレーニング その2

監修:那口絵理

広尾にあるスタジオで、産後のダイエットスクールトレーナーを行っている、那口絵理です。
今回は、私が普段行っているトレーニングをご紹介します。

下半身の強化と体幹を鍛える

先日、久しぶりにゴルフへ行く予定が出来、下半身の強化と体幹を鍛えるためにこちらのトレーニングをすることにしました。

 

スクワットは、よく聞くトレーニングだと思うのですが、今回は、「ジャンピングスクワット」を行いました。

ジャンピングスクワット

まずは、基本的なスクワットの形を覚えてからでなければ難しいトレーニングとなっております。

スクワットの基本的なやり方は、こちらを参照ください。
▼薄着の季節に間に合う!30日スクワットチャレンジで美尻をゲット!

ジャンピングスクワットを行う際のポイント

今回のジャンピングスクワットに関しては、基本のスクワットの形が崩れないように、しっかりとヒップを落とし、膝がつま先よりも前に出ないようにすることがポイントです。

動画で持っている棒は、10キロ程あるトレーニング道具バーなのですが、上半身の姿勢を真っ直ぐしなければ腰を痛めてしまう可能性があるので、気をつけてトレーニングを行いました。

ヒップを下げる形のスクワットからのジャンプは、通常の両脚ジャンプと体勢が違
うので、それだけでもハムストリングにとても負荷がかかっています。

そこに自分の体重+10キロの棒の負荷をかけてのジャンプはとてもハードでした。

回数を重ねるごとにジャンプが低くなるのですが、トレーナーの掛け声があることで
自分の限界を乗り越えてパワーを引き出せます。

私もトレーナーをしていますが、一人でトレーニングをして自分を限界まで追い込むことは難しく、トレーナーについてもらうと普段以上のトレーニングができるので定期的に見てもらっています。

最後に

継続は力なりです。
1人ではできないことも、トレーナーが付けばできるトレーニングもあります。
また、1人では心が折れてしまう時があっても、トレーナーと一緒にトレーニングをすると頑張れることもあります。

産後の体型で悩んでいるママさん。よろしければ一度、那口絵理の産後ダイエットスクールにいらしてみてくださいね。

那口絵理

監修:那口絵理2017ミス・ユニバース・ジャパン講師

1980年東京都生まれ。10代の頃、モデルやアーティストとしてショービジネスで活動。その後トータルケアを実現するエステティシャンへ転身。産後ママのためのダイエット&キレイなスタイル作りのお手伝いを行う美容トレーナーとして活動中。2010年に第一子を出産。2011年に第二子を出産。2016、2017ミス・ユニバース・ジャパン講師

詳しいプロフィールを見る

関連タグ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ピックアップ記事

search