赤ちゃんとの旅行

赤ちゃんと初めての旅行に行こう!楽しむコツと必要な持ち物をチェック!

産まれてから数カ月経つと、キラキラした目で色々な物を興味深く見るようになる赤ちゃん。そんな赤ちゃんにいつもとは違った景色を見せてあげたい!家族で思い出を作りたい!

そう考えるパパやママも少なくないでしょう。

では、赤ちゃんとの旅行はどんなところに行ったらよいのでしょう?どんなことに注意したらよいのでしょうか?今回は、赤ちゃんと行く初めての旅行についてお話します。

ペースは赤ちゃんが中心で!無理をしない行程にしましょう!

赤ちゃんとの旅行

せっかく行くのだから、あれも見せたい!これも見せたい!と思いがちですが赤ちゃんは体力もまだあまりなく、すぐに疲れてしまします。

行程を詰めすぎて、赤ちゃんの体調が悪くなってしまってはせっかくの旅行も台無しです。
赤ちゃんとの旅行は、赤ちゃんが疲れないことを前提にゆっくりした行程にしましょう。

それには、目的地に行くまでのアクセスのことも考えましょう。

なるべく短い時間で目的地に着くことを目指します。

電車ならば、泣いたときにすぐにデッキに出られるように車両の端の方や、おむつ替えシートのある車両を事前に調べて席の指定をすれば安心です。

車の場合は前もって立ち寄るパーキングエリアを決めておくのもお勧めです。最近では、休憩以外にも楽しめる充実したパーキングエリアも多いので、旅の途中で息抜きがてら楽しむのもいいでしょう。

飛行機の場合は、赤ちゃんがいることを事前に航空会社に電話すると席の配慮や搭乗の際にCAがフォローをしてくれます。ベビーコットの貸し出しや、おもちゃなど、航空会社によって配慮も違いますが無料なので、事前に連絡するといいでしょう。

赤ちゃんとの旅行にお勧めの場所

赤ちゃんとの旅行

赤ちゃんと行くのはどこの場所がいいのでしょうか?

温泉ならば、赤ちゃんにやさしい宿と検索すると出てきます。
特にお勧めなのは、『ウエルカムベビーの宿』に認定された宿です。

『ウエルカムベビーの宿』とは、ミキハウス総研が100項目の認定基準を設けて、70以上の項目をクリアした宿に認定マークを与え、“赤ちゃん連れが安心して利用できる施設”とされている宿のことです。

離乳食の用意や、赤ちゃん椅子、赤ちゃん食器、お風呂場のベビーベッドなど、赤ちゃんが快適に過ごすための工夫をしている宿も多くあります。

ハード面はもちろんのこと、ソフト面でも充実している宿が多いので、何よりぐずったりした時に優しく対応してもらえるとパパやママも周りに気ばかりを使うことなく楽しく過ごせますよね。

遊園地やテーマパークはまだ乗れる乗り物が少ないですが、動物園や牧場なら赤ちゃんでも楽しめます。赤ちゃんが動物園に行くと免疫力がアップするとも言われていますよね。

暑さや寒さが厳しい時期は水族館がお勧めです。館内は一定の室温が保たれていますし、おむつ替えスペースや授乳室が備わった水族館もあります。

赤ちゃんと行く旅行にはこれを持っていこう!

赤ちゃんとの旅行

赤ちゃんと行く旅行には、以下の物を持っていきましょう。

□着替え(旅行日数+着替え)
□母子手帳・保険証・お薬手帳・常備薬
□オムツ・おしりふき
□授乳ケープやストール
□哺乳瓶・粉ミルク
□哺乳瓶洗浄グッズ
□水筒
□離乳食・ベビーフード・赤ちゃんお菓子
□スプーン・食器
□赤ちゃん歯ブラシ
□好きなおもちゃ
□ウエットティッシュ

その他、あれば便利な物

□日焼け止め
□雨具
□虫よけ
□大きめのタオル
□ビニール袋
□ジップ付き袋

色々持って行きたくなりますが、宿泊する宿に事前に確認すれば宿で用意してくれているものもあるので、荷物を少なくできるでしょう。また、国内ならば特別な物でなければ大概は手に入りますし、気負わず必要な物だけ準備するようにしましょう。

パパとママの笑顔に赤ちゃんもご機嫌!

赤ちゃんとの旅行

赤ちゃんとの旅行にはトラブルもつきものです。天候も必ずしもいいとは限りません。
でも、家族で一緒にいられることが赤ちゃんには一番うれしいことです。いつもよりもおおらかな気持ちで、パパとママも笑顔を意識して1日を過ごしましょう。きっと、思い出に残す素敵な旅行が出来るはずです!

★那口絵理監修オススメ記事★

1.関東・首都圏内のおすすめお花見スポット3選
2.都内から行きやすい!おすすめの日帰り温泉3選
3.忙しいママに役立つ便利なサービス【Uber Eats】

関連タグ

赤ちゃんとの旅行

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ピックアップ記事

search