チャットレディのお仕事 ブログ

チャットレディは在宅と通勤どちらがおすすめ?メリット・デメリットを比較

チャットレディには2種類の働き方があるのをご存知でしょうか?

チャットレディのお仕事自体、空いた時間に好きなだけ働けるという魅力がありますが、「在宅」か「通勤」かという働き方を選ぶことができるのです。

実際にチャットレディのお仕事に興味はあるけれども、「在宅と通勤のどちらを選べば良いのか?」と迷っている方も多いのではないでしょうか?

お仕事の内容的には在宅・通勤のお仕事内容はほぼ変わりません。

しかし、それぞれにメリット・デメリットがあります。

せっかく働くなら、自分に合った環境で働きたいですよね。

そこで本記事では、

・在宅チャットレディと通勤チャットレディの違い
・それぞれのメリット・デメリット

をご紹介します。

「在宅か通勤どちらを選ぶべき?」

と疑問に思っている方はぜひ参考にして下さい。

在宅チャットレディと通勤チャットレディの違い

まず、在宅チャットレディと通勤チャットレディの違いについてご紹介致します。

在宅チャットレディは、基本的に自宅から配信を行います。

一方通勤チャットレディは、用意されたチャットルームと呼ばれる場所へ通勤し、そこから配信を行います。

働く場所の違いはありますが、基本的に仕事内容は同じなのです。

しかし収入やトラブルに巻き込まれた際の対応など、在宅と通勤では異なる部分も存在します。

主な違いとして、

メモ

・報酬額の違い
・自費負担の有無
・サポート体制
・プライバシー

などが挙げられます。

在宅の場合、自分で行わなければいけない部分が多く、通勤の場合には通勤時間を要するというそれぞれの問題もあるのです。

これら以外にも、在宅チャットレディ、通勤チャットレディどちらにもメリット・デメリットが存在します。

次に、通勤チャットレディのメリット・デメリットについてご紹介しますね。

通勤チャットレディのメリット・デメリット

先ほどご紹介したように、通勤チャットレディは各地の用意された場所で配信を行う働き方になります。

通勤でのお仕事にも、メリットとなる点やデメリットとなる点があるんです。

まずはメリットについてご紹介しましょう。

通勤チャットレディのメリット

①身バレ・親バレの心配が少ない

実家暮らしの方や同居人がいる場合は、通勤チャットレディの方が働きやすいでしょう。

用意された場所から配信を行うため、部屋の窓から外が見えてしまったり、映った物から個人情報がバレてしまう心配もありません。

②機材など備品の準備をしなくてよい

チャットレディは、パソコンやスマホさえあればできるお仕事です。

しかし通勤チャットレディの良いところとして、照明が準備されていたり画面の映りが良いという点があります。

あまり重要に感じないかもしれませんが、お客様が女の子を選ぶ際の大事なポイントになるのです。

画質が悪く、薄暗い部屋の中で待機している女の子よりも、映りの綺麗な女の子の方がチャットの接続率も高くなります。

③サポート体制が充実している

お客様からの禁止行為の強要などがあった場合や、トラブルに巻き込まれた際、安心して相談することができるのです。

他にも、稼ぐためのコツやノウハウを聞くこともできます。

続いて、デメリットについてご紹介しましょう。

通勤チャットレディのデメリット

①在宅に比べて報酬が低い

先ほどあげた機材や備品が充実しているというメリットの反面、その費用やチャットルームの維持費などがあるため、在宅に比べ報酬が低いというデメリットがあります。

在宅と比較すると約10%ほど低くなってしまうようです。

②通勤時間が発生する

自由な時間に働ける点が売りのチャットレディですが、通勤でお仕事となるともちろん通勤時間が発生してしまいます。

自宅の近くに事務所がある場合はあまり気になりませんが、働きたいと思った時にすぐ開始できないというデメリットがあります。

③シフトの提出が必要な場合がある

チャットレディは暇な時間や本業の片手間などにも行える点が魅力ですが、代理店の中にはシフトの提出が必要な場合もあるのです。

一般的なお仕事やアルバイトとは違い、自由な時間に始め、終わることができるというメリットが感じられない代理店も存在します。

在宅チャットレディのメリット・デメリット

先ほど通勤チャットレディのメリット・デメリットについてご紹介しましたが、もちろん在宅チャットレディにも良い点や悪い点が存在します。

まずは、メリットについてご紹介しましょう。

在宅チャットレディのメリット

①通勤の手間がない

自宅から配信を行うことができるため、仕事先に向かう時間がないというメリットがあります。

外出の準備の時間や通勤時間の間にお仕事ができるため、より自由な時間にお仕事をすることができるのです。

②好きな時に配信ができる

少しの待ち時間や空き時間などができた際、急に暇になってしまった時などにすぐにお仕事をできるのも在宅チャットレディのメリットにもなります。

通勤チャットレディの場合はチャットルームの空きなども加味しなければいけませんが、在宅の場合は好きな時間に働くことができます。

③通勤に比べ報酬が高い

照明やパソコンなどすべての備品を自分で準備しなければならない分、手数料として引かれるお金が無いため、通勤チャットレディに比べ報酬が高い傾向にあります。

続いて、デメリットについてご紹介しましょう。

在宅チャットレディのデメリット

①機材などを自ら準備する必要がある

スマホやパソコンさえあればお仕事はできますが、マイクやヘッドセット、照明などを揃えるとなると数万円かかってしまいます。

綺麗な映像や照明を焚いた明るいお部屋から配信をする方がチャットの接続率もアップするため、完璧な環境を求めるほど設備費がかかってしまうのです。

②同居人にバレる可能性がある

実家暮らしの人や同居人に内緒でチャットレディをしている人は、配信できる時間が限られてしまったりと自由な時間にお仕事がしづらいという点があります。

③トラブルは自分で対処しなければならない

お客様からの迷惑行為や配信関係の不備などが起こった際、通勤の場合はすぐにスタッフが対応してくれますが、在宅の場合は自分で解決をしなければならない場面が多くあります。

最近では24時間対応のサポートセンターを持つ代理店も多くありますが、やはりすぐに返事が来ることは難しいため、いざという時の対応力が必要になってきます。

まとめ

在宅チャットレディと通勤チャットレディの違いやメリット・デメリットについてご紹介してきました。

最後に、それぞれの働き方のメリット・デメリットから、どんな人に向いているのかについてまとめてみましょう。

在宅チャットレディに向いている人
・一人暮らしの人(同居人の了承を得ている人)
・高い報酬が欲しい人
・自由度や気楽さを重視している人
通勤チャットレディに向いている人

ポイント

・安全性を重視している人
・実家暮らしや同居人がいる人
・手厚いサポートを受けたい人

どちらの働き方にも魅力的な点や問題点があることが分かりましたね。

一概にどちらが良いとは言えませんが、あなた自身の環境や優先する部分によって考えてみると良いかもしれません。

ぜひ自分に合った働き方を見つけられますように♪

-チャットレディのお仕事, ブログ

Copyright© ESPERANZA GROUP , 2020 All Rights Reserved.